【コラム】アクリル×音楽

最終更新: 2020年5月19日

オリジナルアクリル販売店であるTokyo Acryl shopはレコード屋をイメージしてデザインされているのはご存知でしょうか?


三月中旬にインストJAZZ・FUNKバンドの「YAPANI(ヤパニ!)」様の三作連続新曲リリースに使用するジャケットにTokyo Acrylを使い。更に同じ板をグッズに加工しました。


Tokyo Acrylのアクリルの模様は1枚1枚日本の職人が制作をしているので切り出す箇所によっても模様が変わります。

文字通り世界に一つしかないアイテムが誕生しました。✨


■アクリル板選定コメント


GOLD RUSH

曲名に合わせて、ゴールドから探してましたが、1枚と同じものがなく探していて楽しかったです。 これほどピッタリなものがあるとは驚きました。透け感のある所から濃いところへとキラキラしながら層になっている感じも地層のような印象で美しい (バリトンサックス 矢島恵理子)







black birds in the sky

廃液を再利用したという、世界に一枚しかないアクリル板。 曲の持つドラマティックなイメージにピッタリで、工業製品でありながら、抽象画のような佇まいに惹かれました。 (トロンボーン 多田ルミエ)